foot the coacher(フットザコーチャー)

デザイナーの竹ケ原氏は、美術系大学在学中より靴作りを独学で始め、渡英した後、『ジョージ・コックス』のデザインや、『トリッカーズ』のオーダーメイドラインを手掛けるなど、本格的に靴制作を始動。帰国後に自身のブランド”フット・ザ・コーチャー”をスタート。シューズの他に、ウォレットやウォレットコードなどの小物も展開。イギリス・フランスなどから取寄せた、選りすぐりの革のみを使用し、国内生産にこだわった物作りで、末永く愛用できる上質なアイテムを提案し続けている。その高いクオリティーと洗練されたデザインは、「本物志向」のファンに支持されている。