NEW!ハワイアンジュエリー『LONO(ロノ)』

 

去年末より、デフィーに新しく仲間入りしたブランド

『 LONO ( ロノ ) 』

 

雑誌などでもよく見かけるように、

ファッションのトレンドも、サーファー系の ‘ ゆるめ ’ スタイルが、
大人男子(?)の ‘ 必須 ’ になっています。

 

そんな流れを受けて、
デフィーでもハワイアンジュエリーを探していたところ、

出会ったのが 『 LONO ( ロノ ) 』 でした。

 

『 LONO 』 に決めたのは、
サーファー系のファッションだけでなく、

キレイめなスタイルにもフィットする上品さがあったからです。

lono2

 

 

そして、類似品も多い中、
ハワイを拠点に、一流の彫り職人による完全手彫りにこだわり、

伝統的なハワイアンジュエリーのデザインの良さはもちろんのこと、
ファッション性も感じられるところが ‘ ビビッと ’ きました。

 

lono1

lono3 

 

皆さんご存知の通り、
ハワイアンジュエリーのデザインには、

それぞれ深い意味とメッセージが込められ、
古くよりお守りとして大切にされ続けてきました。

 

代表的な「ホエールテール」=クジラの尻尾 ↓

Exif_JPEG_PICTURE

もともとハワイでは、クジラの尻尾を見ることができると
幸せになれると信じられてきたことから、

ジュエリーとして常に身に着けることで、幸せを呼ぶと言われています。

 

他にも、昔からサーファーや海に携わる人達が、
お守りとして身に着けていた「フィッシュフック」は、

Exif_JPEG_PICTURE

「幸せを釣り上げてくれる」という意味があります。

 

そして、モチーフだけでなく、彫りの模様にも意味があるんです。

 サーフボードをモチーフにしたコチラのネックレスには、

Exif_JPEG_PICTURE

「神が宿る」と言われる「キノ・ラウ」( 植物に姿を変えた神の化身 ) が描かれています。

( きっと ‘ 波に乗れ ’ ますよ!)

 

 

デザインだけでなく、
古くからデザインに込められてきたメッセージや想いを知って、
選ぶのも素敵ですね。

 

『LONO』は、デフィー本店でのみの取り扱いですので、
気になられる方は、是非お問合せ&ご来店下さい。

Defi本店 : 092‐711-1556
『LONO』 

 

他にもデザインが揃っていますので、
コーディネートだけでなく、デザインの意味も合わせてご紹介しますね!

 

Defi 大庭


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です