NEW ARRIVAL・・・FROM NAVAJO

巡り巡って90年代のアメカジ再興の余波がネイティブ系のジュエリーにも

押し寄せてきていますが、その勢いがさらに増して来ている様に思います。

 

特に、雑誌などを見て頂くとわかるのですが、男性誌も女性誌も

インディアンジュエリーを必ずと言っていいほどスタイリングで多用しています!

 

インディアンジュエリーと言っても、Navajo(ナバホ)、Hopi(ホピ)、Zuni(ズニ)

と部族ごとに技法やティストが異なるのですが、

今の洋服のティストからいくと断然、ナバホ族のもの。

 

しかもバングルです。

 

しかし当店が展開するからには、どこにでもある様なものを紹介するわけには
いきません。

 

もちろんナバホの王道のスタイルもご用意しましたが、今回は

日本初登場!

のデザインをご紹介出来る様になりました。

 

 

まずはこちらです。

CSC_0746

存在感抜群!ナバホ特有のトラディショナルなデザインです。

 

 

 

こちらは1本でも重ね付けにも。CSC_0757

 

CSC_0755

 

 

 

 

 

で、日本初登場がこちらです。

CSC_0760

CSC_0761

自然界からインスピレーションを受けたデザイン。

 

 

 

CSC_0763

CSC_0765

 

 

 

 

CSC_0767

CSC_0769

アーティスト、ALEX SANCHEZによるバングル。

ナバホ族とズニ族のハーフで、ペトログリフ(壁画)デザインのジュエリーを得意
とするアーティストです。

・・・ペトログリフデザインのジュエリーは以前より日本で展開されています。

 

が、今回初登場のデザインは

 

”伝統的”なインディアンジュエリーのリボーズ技法(裏からシルバーを叩き出して
デザインを作り上げる)を駆使し、モダンなデザインへと昇華させた『珠玉の逸品』です。

 

リボーズ技法

CSC_0783

CSC_0785

迫力はありますが、ナバホ特有のデザインワークと一点一点手作りで製作を
行っている為、温かみのある仕上がりとなっています。

 

 

 

細身のタイプもあります。

 

CSC_0794

CSC_0798

バングルでは珍しいアシンメトリー。

 

CSC_0800

CSC_0802

 

ターコイズをセットして

CSC_0788

CSC_0792

 

 

もちろん、インディアンジュエリーで全てコーディネートするのも良いと

思いますが、オススメは腕元に”ガッン”とバングルで攻めるのが今季の気分だと

思います。

 

 

DSC_0814

 

DSC_0819

 

DSC_0823

 

dof201

_dof01

DEFI203

解放的なサーフスタイルからアメカジ、キレイメ、モードまでコーディネート
の主役になります。

 

 

実は以前よくナバホ族を訪れていた時の、強力なコネクションにより

今回いくつものアートピースをご紹介出来る様になりました。

ただ、ほとんどが一点ものなので無くなり次第終了です。

 

出来ればフォルムや厚み、重さなども店頭にて体感して頂ければと思います。

 

INDIAN JEWELRY  FROM  NAVAJO
https://www.ss-defi.com/sp/navajo/index.html

 

DEFI  M.ts

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です